月別アーカイブ: 2016年 2月の投稿一覧

特発性色素性紫斑が遠因の性病感染には免疫力をつける

性病とは一般的に感染して起こるものです。そのため、特発性の疾患はなく原因物質や生物が何かしら存在しています。生物が仮に分かっていなかったとしても疾患の状況から感染症であるかどうかという判断はある程度なされるので、大抵の性 […]